CHINECLUB JAPAN(キネクラブジャパン)とは
システムオブナチュラルヘルスについて
CHINECLUB JAPAN(キネクラブジャパン)の活動内容
創設者について
CHINECLUB JAPAN(キネクラブジャパン)へのお問合わせ
【CHINECLUBブログ更新中】
CHINECLUB JAPAN(キネクラブジャパン)の活動
CHINECLUB JAPAN(キネクラブジャパン)の活動

キネクラブでは、「システムオブナチュラルヘルス」に基づいた食事を紹介しています。 原則的にはオーガニックでバイオダイナミック食品を用い、動物性食品を除き、野菜であっても 「食べ物セミナー」で解説されるところの毒性および中毒性がある食品は除かれます。

キネクラブは、一般市場では入手困難な食品を購入して実践者に提供しています。

セミナー、講演会、勉強会を開催しています。

月1回「食事会」が開かれ、吟味された食品でかつ専門的に調理された食事を味わうことができます。 定期的に「料理教室」も開かれています。

水曜日と土曜日は「キネクラブオープンデー」です。 食事をしながら日ごろ学んだことを話し合ったり、リフレクソロジー等の練習、お友達紹介しあったり、買い物したりしています。 他の曜日でも予約によってキネクラブを利用できます。


キネクラブのお料理セミナー情報はブログで!

キネクラブの料理教室・食事会情報はこちらから

菜食主義(ビーガン)のお料理もこんなにおいしそう CHINECLUB JAPAN(キネクラブジャパン)のセミナーについて

セミナーは土曜日の10時30分から2日間行われ、日曜日の18時30分頃に終わります。 昼食とお茶の時間が含まれています。 セミナー中に供される食事は、このシステムの中で推奨されているものだけで成り立っています。 社会的にはまだ認知度が少ない完全菜食主義(ヴィーガン)のメニューです。 イタリア仕込みのおいしさがヴィーガンのイメージを変えるよい機会となっています。

各種セミナーの詳しい説明は下記からご覧ください

■基本セミナー ■セカンドレベルセミナー ■テクニカルセミナー

----------------------------------------------------------------------------------------

基本セミナー

「哲 学1」 Philosophy1

このセミナーはミケランジェロ・キエッキが構築した
「システムオブナチュラルヘルス」のうち、基本の原理原則を解説します。

はじめにNature is perfect「自然(森羅万象・現象)は完全である」という基本原則に立ちます。

するとそれまで私たちが健康とそれに関する多くのことに対して持っていた考えと態度を変えざるを得なくなります。
いわゆる「病気」や「痛み」というものが今まで想像しなかった新しい革命的意味を持つことになります。
つまり、もう病気や痛みは、治したり介入したり、形を変えたりするものではないということです。
さらに、病気や痛みを自然の反応と捉え、その価値を見出し観察し、身体の声を聞き、学び、そして理解しなければならなくなります。
このセミナーでは、その基礎になる文化的、科学的、歴史的、哲学的要素を解説し、
更にこのシステムを実践するためにどんな変更が必要かを考察します。その理解に欠かせないエネルギーの概念と、病気と治癒の法則を解説する。
土曜日のセミナーの夕方には映画を鑑賞します。その映画は自分自身の成長と人生の質の向上のための深い理解を与えてくれるものです。


「食 べ 物」Nutrition Food 

地球規模の大洪水があってから人類は完全な草食動物ではなくなりました。
しかし人類は他の動物とは異なる進化を遂げました。

特に肉食動物の肉体的特性や歯や腸の構成とは異なる存在となりました。
人類が肉食を始めたのは、寒冷地での苛酷な環境で生き延びるための術だったと想像されます。
人類の歯の構造に2本犬歯があるということは、酷寒の地でも肉を食べて
身体を温めサバイバルできるということを示しています。しかしそれには代償もともないます。

現代の生活環境は異なります。あまりにも進化した環境で、私たちは本来の自然力が衰えています。
その再生を試みることを余儀なくさせられています。
私たちは太陽エネルギーなしでは生存できません。植物は太陽エネルギーの貯蔵庫です。
エネルギーいっぱいの健全な内臓では、必要な栄養は植物から原子転換されます。

ひとつの家蓄の口に入る肉を生産するために必要な土地で、もっと多くの家族を養うことができます。
もはや動物性食品を食べることは、貴重な地球上の土地を無駄遣いし、
甚大な環境汚染を引き起こし、健康被害を増大させています。

このセミナーで、ミケランジェロはこの新しい過程をどうスタートしたらよいか指導します。

私たちが毎日口にする食品を再検討して本当に健康によいものなのか、
身体が欲しているものなのかを考えます。更に、最近あまり口にしなくなった伝統的食品を
再検討するよい機会でもあります。


「ナチュラルプラクティス」 Natural Practice

私たちの身体にエネルギーを充填し、クレンジングや
エネルギー再生を助けるための理論的、実践的説明がなされます。
これは、人生をよく生きるための効果的な取り組みとして私たちが選択した
System of Natural Healthを実践していくために食べ物と同様きわめて重要な知識です。

ここで紹介され展開される内容は、人体の特性として備わる再生能力と、
それを活性化するための各種ナチュラルプラクティス(日常の実践法)の紹介と
その重要性を認識することです。

正しい食べ物もナチュラルプラクティスです。太陽エネルギー、冷水、
リフレクソロジー、ピラミッドその他身近なものが意外な効果を発揮します。

身体のエネルギーをいかに著しく上昇させることができるか、
そのための身体の浄化と排出のプロセスを私たちがどう支えればよいかを説明します。

さらに、私たちの過去の毒や汚れ、先祖から受け継いできた過去の長い間の毒や
汚れの蓄積をも肉体がきれいにすることができるということも説明します。
その一部には、われわれの先祖が長い間伝承してきた伝統的な方法であり、
現代人の新たな深い考察によって蘇ったものもあります。


----------------------------------------------------------------------------------------

セカンドレベルセミナー

「哲学2」 Philosophy2

このセミナーでは、肉体以外のプラクティス(実践)を解説します。
本当はどんな食べ物が自分に必要なのか。

同じように、肉体以外・u桙フレベルの自分(感情・意思・思想・精神)にとっては
どんな食べ物(生活態度)が必要なのでしょう。

中毒と依存の頑固なサイクル

自他を裁かない

恐怖とは愛と正反対のエネルギー

サレンダーするとはどういうことか

条件なしの愛とは

賢さとは状況にあわせて迅速かつ適切に変われること

自己認識は自分の真性を認識して、自己否定をなくすこと

これらは自分自身の探求でもあります。


「感情」 Emotion

「システムオブナチュラルヘルス」を実践している人たちは、
それから得られる変化や進歩を既に体感していますが、
このセミナーでは更にこのシステムのハイライトともいえる意味深くて決定的な要素を解説します。
毎日の生活はあらゆる感情とその表現の積み重ねです。

私たちの感情はエネルギー的にみると、それぞれ身体のある臓器と関連していて、
それが調和したりバランスを欠いたりして感情表現がなされます。
自分の中から出てくる感情を正当化したり、感情に任せて決断したりせずに、
冷静に認識し受け入れることがいかに大切で難しいかを学びます。
感情は自分の内臓の状態のアンバランスや消化のプロセスを反映する鏡のようなものです。
よく言われているように、怒りは肝臓と関連しています。

では恐怖心、悲しみ、悲観、不安といった感情はどうでしょう。

このセミナーでは、ヒーリングクライシス(好転反応)が感情レベルにどう影響するのか、
その自然の浄化作用を邪魔するのではなくいかに意識として支えることができるかを学びます。


「五行」Five Elements

中国や日本の哲学では、西洋で言われている4つの要素ではなく、
5つの要素から宇宙が創造されたとみなされています。
この五大要素は、五つの季節(五つめは季節の変わり目)、
人体の5つの対になっている臓器、自然のサイクル、人生の季節の変化、
人類の歴史と年齢の変化、人生のサイクルなどに対応しています。

さらにそれらの関連性、相互関係、好ましい影響、好ましくない影響といったものを
エネルギーレベル、感情的レベル、そして身体レベルで解説します。
「システムオブナチュラルヘルス」はこのような古い知識にも基づいており、
このような現実をあらゆる側面から観察し、
生活の中の実践に至るまでそれらの重要さの認識を深めていきます。


「原型」Archetype

ユングは「原型」を人種的体験から生まれた思考や心の状態、
個人の潜在意識に宿る遺伝的思考と定義づけました。
このパワフルな上級セミナーでは、受精した瞬間から
形作られる自分の原型、行動パターンについて考察します。

なぜ人生は恐怖心に支配されるのか。 
どうして私たちは自分の中の「女性」の存在を否定するのか。

人生のあらゆるところで、人間関係や健康の面で、精神的肉体的に、
どのような「原型」がどんな影響を及ぼすかを学びます。


「女性」 Femininity

現代女性は、社会的に受け入れられたいために、
自らの女性らしさを否定しなければならないときがあります。
しかし、現実には女性は体の左側であり、
脳の右脳をしめ、創造的、感情的、本能的なものとリンクしています。
男性も女性的なサイドを持っていて、
男性と女性の正しい調和ができたとき完全な人間の存在が誕生します。
このセミナーでミケランジェロは歴史的に見た女性の原型を分析し、
いかにわれわれが女性らしさをステレオタイプに作り上げてきたかをわかりやすく解説しています。
更に、各自の女性の理想というものを、いかに自分の母親と
母の女性としての表現とに結び付けているかということも認識させられます。
このセミナーは女性を理解するのに大変役立つだけではなく、
「システムオブナチュラルヘルス」の原則を基に女性の成長と進化に非常に役に立つセミナーです。


「性」 Sexuality

このセミナーでは、男性女性それぞれの性との関連性を学び直します。
更に、エネルギーを増幅させる簡単な練習についても説明します。
それによって、昔の錬金術師がなぜ原子転換に
性的エネルギーを使ったかが理解できるでしょう。
女性のオーガズムが痛みの究極の昇華した形だということを考えたことがありますか?
そこから、出産は苦しいものではなく楽しいもの、むしろ喜びを感じるものだと想像したことがありますか?
これらの問いに対する答えは、セミナーに参加した人の中で実際の体験者から答えてもらえます。


「リレーションシップ」 Relationship

先生と、両親と、子供と、痛みと、自然と、自分自身と、
性と、食べ物と、お金と、家族と、社会と、権威と、身体と、
規則と、法律などとの付き合い方。
そして、これらの関係が深まるにつれてでてくる恐怖心、
要求、罪悪感、白馬の王子的理想の追求、怒り、コミュミケーション、
所有欲、嫉妬、自由願望、自己憐憫、批判、裁き、社会的イメージ、
欲望の達成、相手を納得させようとする感情などを考察します。


「恐怖心」 Fear

「恐怖心」とは何か。「恐怖心は愛の反対」とはどういう意味か。
歴史的に、人類はいつからなぜ恐怖心を持つようになったのか。
私たちは個々違った恐怖心を持っています。
それはどこから来るのか?恐怖心と関連している臓器は?
このセミナーではこういった疑問に答え、さらに多くの質問に答えを出そうとします。
私たちは、これ以上感情に隷属しなくてもよくなれば、もっと人生の価値を高め自由になれます。
ガンジーは、「牢獄に繋がれていても私は自由人だ」と言いました。

----------------------------------------------------------------------------------------

テクニカルセミナー

「クラシックマッサージ」 理論と実技

本当の意味での自分と他人に対する肉体的接触の理想的なアプローチを学びたいのであれば、
マッサージは基本の練習になります。
肉体の各部への五つの基本的動きを、理論的かつ実践的に学びます。
肉体の第一の部分は、足先・脚部・ふくらはぎ・大腿部・臀部・背部・腹部を含みます。
特に重要なのは、循環系・血管リンパ組織・生理機能、骨格筋靭帯組織です。
このワークショップでは「システムオブナチュラルヘルス」の考えをもとに人体の機能を復習します。
このセミナーの目標は、知識の習得と、各自に生まれつき備わっているにもかかわらず眠ったままに
なっているエネルギー(自己治癒能力)を目覚めさせるための正しい技術の習得です。
このセミナーは、リフレクソロジーや結合組織マッサージなどのその他の技術や、
ボディワークテクニックへの道を開く扉です。


「気 プラクティス」

山々に囲まれた美しい湖。その山々と周囲の美しさを反射して輝いている湖。
しかし、いったん風が吹けば水面は波打ち、何も映し出すことはありません。
湖は黒く濁った水をたたえるプールのようになってしまいます。
これは私たちの心に似ています。
心が穏やかなときは、周囲の人や自然と完全に調和でき、
すべてのことがシンプルで到達可能のように見えるものです。
しかし、いったん感情が出てくると、もう計画通りに行動できなくなるし、
実際には自分が何をしたいのか、
自分がどういう状態なのかさえも分からなくなってしまいます。
このワークショップでは、「気 合気道」の四つの基本原則を説明し、
たくさんの役に立つ練習をしていくうちに、「気」とは何かを学び、
精神集中と完全な「心身統一」のしかたを学び、
調和と目標到達のための精神集中を可能にしていきます。
現代のあらゆる訓練法は意識(心)から入って心身の統一を図ろうとしますが、
この革命的訓練法は反対から、つまり心を安定させるために身体からアプローチします。
さらに、恐怖心の裏返しである攻撃的態度にならないように、自分を解放する方法を学びます。
敵の強さに対抗していく必要はありません。戦おうとすると相手に力を与えてしまいます。
つまり戦わない人が勝つということを学びます。


「解 剖 学・生 理 学」

解剖学は人体の臓器の構造・機能を学ぶ学問であり、
生理学は人体の機能の中の代謝のプロセスを学ぶ学問です。
ここでは、「システムオブナチュラルヘルス」に
基づいて臓器の構造と機能を説明します。それぞれの臓器の物理的機能とともに、
主にエネルギー的機能を説明します。
このセミナーを通して、ひとつの臓器がバランスを欠いているだけで、
それが精神レベル・霊的レベル・そして感情レベルに影響するということがわかります。


「身体は語る」

私たちの性格−行動・態度・その人の哲学−はその人の身体のある個所と関係があります。
細胞一つ一つからあらゆる感覚器官(目・手・そして顔・声・姿勢・皮膚の色や臭いなど)までが
その人を形作り物語っています。

人相学はそれらのサインを読み解き、その人の情報を翻訳することを学びます。
セミナーでは、先ずこの人相学の基本と、
「システムオブナチュラルヘルス」にのっとった更に深い考察と実際的な解釈を学びます。
続いて、実際に参加者の顔を分析します。
そして、最終的には、その人の姿勢・ジェスチャー・状態・匂い
そしてその人の態度を自分で分析、解釈していけるようになります。
これを習得すると、どんな人間関係でも相手や周囲の人の感情や
反応を常に解読分析する助けになります。想像以上に簡単で役に立ちます。


「リフレクソロジー1」「リフレクソロジー2」 理論と実践

病気とは体の芯の部分の不調和を知らせるもので、
それを知らせるシグナルが、その箇所から離れた場所に現れるという原則があります。

もっと厳密に科学的見地から言うと、
リフレクソロジーは肉体・感情・意識レベルの活動を、
すべての神経システムを利用し解読するものです。
特に足のリフレクソロジーは、非常に古くからある科学であり、
いろいろな自然療法と一緒に「代替医療」として分類され、
人間本来の自然力を見出し、自然との再調整の助けになるものです。
私たちは、個々人が肉体と精神の総体だということを再認識するために、
既に自覚できなくなっている自分のエネルギーともう一度触れ合い、心身ともに健康になる必要があります。
健康に成長した足やつま先はまっすぐで長く、土踏まずがはっきりしていて、
体重がかかる分だけ足が平らになります。健康な足は、赤ちゃんの足先のようにつま先の動きが自由です。
足に現れるあらゆる変化は、自分の中の深い部分のバランスの欠如であり、それと足の部位とがリンクしているのです。
この状態から派生するいろいろな足の状態をリフレクソロジストは注意深く観察します。
このクラスは4日間で行われます。


「コネクティブティシュマッサージ」

リフレクソロジークラスと連携した上級クラスです。
このマッサージは皮膚の内側で身体を覆っている結合組織を通して神経システムに働きかけるものです。
このクラスは4日間で行われます。


料理セミナーにて 料理セミナーにてイタリア料理 フォカッチャ ピザ 断食明けのご飯 セミナーにて 修了書を手にミケランジェロ・キエッキ氏と

ミケランジェロ・キエッキのトリートメント
○リフレクソロジー
○コネクティヴティッシュトリートメント
○ハイドロコロン

リフレクソロジーについて ハイドロコロンについて